現実創造の方法

性格が悪いけど成功する人と波動

性格が悪いけど一般的には成功しているように見える人っていますよね。
少なくとも私の周りにもいました。あなたはそういう人を見た時どのように思うでしょうか?

私は以前そういう人を見るといつもイライラしていました。

何であんなのが上手くいってるんだ。。。

でも最近は全然気にならなくなりました。
なぜ気にならなくなったかというとなぜその人が成功しているのかがわかるようになったからです。

性格の良し悪しと成功について(波動の状態)

性格が良いか悪いかと言うのは波動理論で言うと
一般的に波動が高い状態であると言えます

波動が高い人の特徴は
前向き、人の悪口を言わない、思いやりがあるそんな人だと思います。

一方性格の悪い人は波動が低いので時にネガティブな発想で、
人の悪口ばかりを言って、自分のことしか考えない。そんな人です。

基本的に付き合いたく無いのですが、そんな人でも世間的には成功をしているケースがあります。

一般的には性格が良い人が成功してほしいですよね?
そんな人が成功しているのを見ると神も仏もいないのかと思ってしまいます。

でもある一定レベルの成功と性格の良し悪し(波動の高低)は相関関係が無いと考えています

成功するためにはどんな要素が必要か?

成功するためにはどんな要素が必要かというと、
これは色んな意見があるとは思いますが成功しやすい傾向の人は

1、何らかの対価を支払って行動している

2、継続することが出来る

3、他人に対する影響力が強い

だと思っています

正直一定レベルの成功をする上で性格は特に関係無いです。
厳密に大大成功をするには性格が関係してくるとは思いますが、
例えば東大に入るとか、普通の会社で部長になるとか、中小企業の社長でそこそこ稼ぐぐらいであれば
性格は関係ありません。

これは波動的に説明すると
波動の高低に関しては現実を変えていくにはあまり関係無いと言うことを言っています
一方メンタルの強弱(波動の強弱)の方が現実を変えるためにはとても重要です。

何でこんな記事をわざわざ書いているかというと、
昨今のスピリチュアルブームで波動の高低が多く語られたことで波動を高くしよう、
高くしようと躍起になっている人を見かけます。

そういう人の中で10年単位で何も状況が変わっていない人を見かけます。
確かにそういう方は性格的にとても良いですし、お話していて気持ちの良い方なのですが
現実を変えるという意味では波動が弱いのです

つまり一定レベルの成功をするためにはまずは波動を高くすると考えるよりも、
先に強烈に行動する強い精神力が必要となってくるのです

ではまた

-現実創造の方法