現実創造の方法

開運のための波動の高低と強弱

波動って言葉を最近よく耳にしますが、波動が良いとか波動が悪いとか聞きますが
一体波動ってなんなんだ?ということを少し整理してみたいと思いますので
この記事は波動初心者向けの記事となります

特に現実を創造していくためには波動の概念がとても重要になってきますので
波動について理解を深める手助けができたら幸いです

波動とは何か?

そもそも波動は波なのですが、波動に関して一般的によく言われるのは波動が高いとか波動が低いと言われます

波動の高低とはどういう状態かというと、波動が高い方がより細かい波で波動が低い場合は荒い波です

簡単に言ってしまうと
高い波動の場合とても心地いい良いとか、なんとなく空気が軽いといった状態で、
低い波動の場合重い空気出会ったり、とても居心地が悪い状態です

つまりよく波動が高い人は前向きであり、清らかな心を持っていて、基本的にポジティブな発言をする人たちです

一方波動が低い人はネガティブであり、他人と比較して落ち込んだり、他人の文句も沢山言っている人たちだと言えます

当然波動が高い人と付き合いたいし、そんな人ばかりだったら良いだろうと思います。
そして自己啓発系の話では当然波動を高くしましょうということを多く人が言うようになっているわけです

無視できない波動の強弱

では波動が高ければ皆成功して良い人生を歩めるのでしょうか?
実を言うとこれが結構NO だったりします

それを理解する上で波動には強弱があるということを理解する必要があります。

波動が強い人とは一体どんな人かというと簡単に言ってしまうと、セルフイメージが高い人、メンタルが強い人です
一方波動が弱い人はセルフイメージが低く、メンタルが弱い人です

実を言うと波動が強い人の方が、現実を変える力が強く、波動が弱い人は現実を変えにくい可能性が高いのです
つまり波動が強い人の方が影響力が強いために、物を売れば売れるし、組織で上に立てば人を引っ張っていく力が強いのです

ここまで読んでいただいた方はなんとなく理解し始めたかもしれませんが、
波動がいくら高く精神性が高くても波動が弱ければ波動の強い人に負けてしまうのです。

例えばわかりやすい例で言えば
とても心の清らかな人が、騙されてもっと運がよくなると言われている壺を買ってしまう例などは、
波動高、波動弱の人に起こってしまうことなのです
それとは対照的に波動が低くてもセルフイメージが異常に高く、人を騙してでもやたらとお金を稼ぐような人も
存在しているわけです

波動の議論をする場合高低に目が行きがちですが、
現実を変えると言う観点では波動の強弱についても理解する必要があります

当然ですが波動が高く、波動が強い人間を目指すべきなのですが・・・

ではまた

-現実創造の方法